お金が無くて家賃が払えない!もし今そんな状態だったら家賃を滞納したらどうなるか気になりますよね。

ここでは、家賃滞納で起こることをご紹介します。滞納を続けたら裁判?

期限を過ぎると電話がくる

家賃を払わないでいると管理会社から確認の電話がきます。タイミングは支払い日から1週間ほど経過したころでしょうか。家賃支払いの多くは、銀行振込みを利用していますので、支払いが送れることは世間一般的によくあることです。なので、初回の電話の際は、いきなり怒られたり詰め寄られたりすることはありません。

電話ではいつ支払いが出来るのかを聞かれますので正直に答えるようにしましょう。支払いの目処が立っているならその旨を伝えれば騒ぎになることは少ないでしょう。

事前に連絡をしよう

怒られないからといって支払いが送れるのが分かっていながら連絡をしないのはよくありません。管理会社に迷惑をかけ、信用を失うことになりますので遅れるなら遅れますと必ず連絡を入れておくようにしましょう。

2回目は電話か内容証明郵便

1回目の確認電話の際に回答した期日を過ぎても支払いを終えていないと、催促の電話がきます。または、催促状が送られてくる場合もあります。内容証明郵便は、いつ誰がどのような内容で郵便を送ったか記録が残る郵便になり、裁判で証拠として用いられることもあります。

催促電話と内容証明郵便の両方がくる場合も多々ありますが、この状況になると本格的に家賃を回収しようとしていますので、かなりマズイ状況になります。もし今この状況なら、お金を借りてでも家賃を支払うことをおすすめします。

最後は家にくる

2回目の催促にも応じないと最後は管理会社の方が家にやってきます。訪問の連絡が事前にあるときもあれば、アポなして訪問され鍵交換されて部屋に入れなくされる場合もあります。鍵交換されてしまうと、当然持っている鍵では家に入れなくなります。

強制退去になるまでの期間

家賃を滞納し続けると強制退去(立ち退き)になります。期間は概ね3ヶ月といったところでしょうか。1ヶ月で追い出されることはありませんが、2ヶ月になってくるといつ退去命令が出てもおかしくありません。

強制退去になると信用情報に傷が付くため、次の部屋が借りにくくなってしまいます。それだけではなく、クレジットカードも審査が通らなくなったり、オートローン、住宅ローンも組みにくくなってしまいます。

上記理由から、給与が出るのが少し先だからといって、支払いを先延ばしにするのはおすすめしません。前述したようにお金を借りてでも支払うようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。「家賃って踏み倒せるのかな?」と思っていた方は、考えを改めた方がいいでしょう。家賃滞納によって失った信頼は部屋を借りるときだけのものではありません。あなた自身の価値を下げてしまうことになります。